ブログトップ

かぜとおひさまの暮らし

orii.exblog.jp

<   2009年 04月 ( 14 )   > この月の画像一覧

かなしい出来事

f0061013_2343191.jpg

今朝とてもかなしい出来事がありました。

フワフワさんが亡くなりました。
昨日までとても元気だったのに、今朝小屋に行って見ると
もう冷たくなっていました。

何がなんだかわかりません。事故なのか病気なのか…。
原因のわからない自分がくやしくて・・・かなしいです。

わが家にたくさんの幸せを運んできてくれた彼女が突然いなく
なってしまいました。
ぽっかりと穴が開いてしまった感じです。

今日は一日中、何がいけなかったかを考え…こうしとけばよかった
のかも…と後悔ばかり。

・ ・ ・ ・ ・

夕方家族でお別れをしました。
彼女の死を受け止めなければいけません。

もともと後悔をしたくないからと選んだ今の生活です。
フワフワさんに大事なことを思い出させてもらいました。
しっかり前を向いて一歩一歩進んでいきます。

フワフワさんがいなくなってとてもかなしいです。
とてもさびしいです。
これからは天国から応援してください。
あなたに恥じないように頑張ります。
[PR]
by ohisamatokaze | 2009-04-29 00:33 | ヒツジ

きたっーきたきたきたっー

f0061013_22262715.jpg

昨日の午後一時過ぎ、分封がはじまりました。
今年はじめての分封です。

巣門にハチが大量にあふれ出し、数千匹のハチがいっせいに
飛び回ります。
ワクワクするような、ドキドキするような羽音です。

しばらく飛び回った後、一旦近くの木にとまり蜂球になります。
この時に分封群を一網打尽にするわけですが、とまる場所によって
捕まえられるか否かがきまってきます。

低いところにとまればラッキーですが、高いところの枝などに止まれば
諦めなければいけない場合も・・・。 大体は低いところにとまるようですが。

今回は7mほどのクヌギの枝にとまりました。
普通なら諦めるところですが、ツリーイングの技術が役立ちました。
高所作業もなんのそので無事分封群をゲット。

今年はあと何群分封するのでしょう…。
明日もかなり怪しい予感がします。
[PR]
by ohisamatokaze | 2009-04-25 22:22 | ミツバチ

シュロ縄

f0061013_7512235.jpg
隣保班(いわゆる隣組)のボスから棕櫚縄(シュロ縄)をいただきました。
シュロの木から皮をはいでその繊維をよって作った縄です。
藁と違ってシュロは短くて硬いのでとても難しいのだそう。
太さも均一で硬くしまった見事な縄です。

シュロ縄は水にも強く丈夫で、かつてはとても重宝したそうです。
田植えに使ったり牛の引き綱したり。
今でもいろいろな用途に使われていて、写真のものは屋根葺きように
つくっていたものだそうです。 (かやぶき屋根の中のほうに使うらしい。)

「おりいさんなら、わしらの思いつかんような使い方をしてくれるやろ」
といって惜しげもなくくださいました。
さて何に使いましょう。ちょっとプレッシャーです…。

一昨日の晩にボスの家で隣保班の男衆の集まりがありました。
集まりといっても「ちょっと寄ろうや」というもの。

ボスを中心に昔の話で盛り上がりました。焼酎片手に。私はお茶。
小さい頃した悪さの話から昔の山仕事の話などなど・・・。
昔の話は生活の知恵満載で、なんとも面白い話ばかり。

そんななか 「この人(ボスのこと)は引き出しを沢山もっとる」
「おらんようになる前に引き継いでもらわないけん」 という話になり
縄よりをおしえてくれということに。 
神社のしめ縄もボスの手によるもので、実はボスは名人。
難しいシュロ縄もお手の物なのです。

近いうちにみんなでボスから縄よりを教えてもらうことになりました。
おぼえが悪いとゲンコツ食らうらしいですが…。
とても楽しみです。
[PR]
by ohisamatokaze | 2009-04-24 09:04 | 暮らし

そろそろ・・そろそろ・・・

f0061013_818515.jpg
                ずいぶんとにぎやかになってきました。

そろそろ分封がはじまる予感。
まだ巣の中はチェックしていませんが、暖かい日中には巣門のまわりにハチが
あふれてきています。
写真には写っていませんが、雄バチも目立つようになってきました。
そろそろ・・そろそろです。

雨上がりのお天気の日には分封しやすいのだそうです。
ひょっとして今日あたり・・・。
しばらくドキドキの日々が続きます。

*分封については分封だっー!をチェックしてみてください。
[PR]
by ohisamatokaze | 2009-04-21 08:30 | ミツバチ

山菜

 この土日は「源流の森づくり」という森林ボランティアのイベントがありました。
中津江村の山林で春・夏・秋と年3回行われているイベントです。
(私はこの会の事務局をしているので主催者側で参加してきました。)

日田は全国でも有数の杉の産地です。山を見るとてっぺんまで杉です。
かつては景気のよかった林業ですが、現在は市場の下落や担い手の不足
などから、手入れのされていない放置林が問題となっています。
そこで筑後川の源流にあたりる中津江の森をボランティアの手で守り、
山から生まれる水を守りましょう。というのがこのイベントの趣旨です。

今回は1日目に間伐材を使って林道の整備、2日目は植林(山栗・渋柿・梅)と
山菜採りをおこないました。
穏やかな天気に恵まれよい汗をかいてきました。
次回は7月におこなう予定です。 みなさんも参加してみませんか?


ところでなんといってもこの時期のお楽しみは山菜ですが、今年は桜と
同じくやはり10日ばかり早いようです。
例年4月の下旬が採りごろですが今年はずいぶん新芽が開いてました。

森づくりのイベントでお昼に山菜を採って天ぷらにして食べたのですが、
わが家でも食べたいということで、夕方から子ども達と採りに行くことに。
秘密の場所です・・・。
f0061013_7514120.jpg
                 左がコシアブラ  右がタラノメ

五年生と四年生になり彼らもずいぶんと活躍してくれるようになりました。
「ダメダメそれかぶれるばい!それ食べたら死ぬばい!」というタクロウ。
(・・・美味しくないだけで死ぬことはないと思いますけど・・・。)
タラノメ・コシアブラ・ハリギリなどの区別のつくわが子に「やるじゃん!」と
思ってしまいました。

おかげで夕食は、この時期だけの山の味覚を堪能しました。
[PR]
by ohisamatokaze | 2009-04-20 09:24 | 暮らし

声に出すこと

f0061013_7385168.jpg
さくらんぼが咲いた。
6本植えて生き残ったのは3本。そのうちの1本が花をつけた。

世話をする時は、目をかけ手をかけ育てるのは当たり前だが、
もうひとつ大事なことがあるという。
植物も声をかけると成長がよくなるのだそうだ。

今まで植物に声をかけたことはほとんどないような気がする…。
それでうちの果樹は成長がよくなかったのかも。
はたして本当だろうか。

声に出すことで気持ちが植物に伝わるのか・・・
声に出すことで自分の気持ちを確認できるからか・・・

とりあえず今年は試してみます。
昨日は畑にキャベツ・ニンジン・ルッコラ・ブロッコリー・チマサンチェ
の種をまいた。 ジャガイモも月曜日に植えた。

さっそく今日から話しかけてみよう・・・かな。
でもなんて? 
やっぱり 「早く芽を出せ。まってるよー。」 でしょうか。
(おっさんが畑で1人ぶつぶつ言っているのはすこし危ない気もするが・・・。)


植物に効果があるかないかは別にして、自分の気持ちを声に出して
いうことはとても大事ですよね。

声に出すことで気持ちが相手により伝わるから
声に出すことで自分の気持ちを確認できるから

「ありがとう」とか「大好きだ」とか。
とくにいつも近くにいる人には、なかなか声に出して伝えていないような
気がする。

子どもにとって「自分は必要とされている」「愛されてる」ということを感じ
ながら生活することはとても大事なことだと思う。
夫婦にとっても・・・。

さてさて、今日は声に出してみますか …ね。
[PR]
by ohisamatokaze | 2009-04-17 09:09 | 暮らし

ゴリラスイッチ

「ねえクミノさん ゴリラスイッチしよ~!」
「・・・。」
「しらんと?」
「いや、知ってるけど・・・。」
「じゃあやろっ、やろっ!」

学童での子どもたちとクミノの会話である。

さて、ゴリラスイッチというあそび知ってます?
多分知らないと思うけど・・・。

実はこのあそび、わが家が発祥です。
なぜか学校ではやってます。
まだうちの子たちが小さかった頃よくやりました。 今でもまだやらされますが…。
私の体のどこかにスイッチがあって、そこを触ると急にゴケラになっておそい
かかる・・・でつかまるとコチョコチョされるというもの。
なのでゴリラスイッチというわけです。

幼児から小学生(低学年?)ぐらいまでかなりうけます。
前津江では一度保育園でやってブレークしてしまいました。(笑)
その当時の子ども達が今は4年生ですが、今でも私のことをゴリラと呼ぶ
子が数人います。 
体育の授業でタグラグビーを教えに行った時「ねえ~ゴリラ~」と思わず
言ってしまい先生にしかられていました。 かわいいでしょ。

はじめて会う子どもと仲良くなりたい時などにも有効です。
(ただし第三者の大人の前でするのはすこし勇気がいります。)

ルールは簡単
 ・ 最初は立ってても座ってても寝転がっていてもOK
 ・ スイッチが入るまでじっと動かない
 ・ スイッチはやさしく押さないとはいらない(つよく押されると痛いです。)
 ・ スイッチは毎回場所が変わる
 ・ スイッチがわかりにくい時はその部分だけ動かす
バージョンアップは
 ・ 最初は目をつぶっていて、三段階ぐらいでゴリラになる
 ・ コチョコチョした子をつかまえたままスイッチがきれる  などなどです。

ぜひぜひお家でやってみてください。
お父さんと子どもとの新しい絆(?)がうまれるかも…です。
みんなでゴリラになりましょう!
[PR]
by ohisamatokaze | 2009-04-16 09:26 | 暮らし

アースマーケット

先週の土曜日に毎月(4月から11月・第2土曜日)飯田高原で開催されている
アースマーケットに参加して来ました。

おつけものから現代アートまで、あなたにとってのアートなら出店展示OKと
いうちょっぴりエコでオーガニックな手づくり市です。

今回は陶芸家・木工家・木版画作家・アーティスト・天然酵母パン屋・
有機野菜農家・自然農家・木のおもちゃ屋が集まりました。

今回から場所がくじゅうエイドステーションに変更になり、来場者はあまり
多くありませんでしたが、その分いろいろな人と話をしたり子ども達と遊ん
だりとゆっくりと楽しむことが出来ました。

自分達の作ったおもちゃで子ども達が遊んでいるのを見るのはなんとも
嬉しいものです。
「やっぱりおもちゃは子どもの手に渡って完成なんだなぁ~」と実感しました。

そんなわけで今年はいろいろなところに出没する「移動おもちゃ屋」もやって
いきたいと思っています。
マーケット・カフェ・保育園・育児講座・病院・プレーパークなどなど…。
福岡・大分・熊本・佐賀・長崎… ぐらいまでは行けるかな…。 
もしご希望があればぜひお声をおかけください。
ワークショップもやりますよ。

次回のアースマーケットは5月9日。
私たちも参加します。
[PR]
by ohisamatokaze | 2009-04-14 21:23 | 木のおもちゃ

桜満開

f0061013_701383.jpg

 わが家の山桜もついに満開となりました。
満開といっても50コほどです。 
昨年はじめて花がついて、そのときは10コ。 今年は5倍。
来年5倍だと250。再来年は1000をこえちゃうかも。 ムフフ…。
うまくいくと再来年はお花見ですな。 うまくいけば・・・。 

うちの桜も今年は10日ほど早いようです。
ついに春がやってきました。
 桜が咲く頃までにジャガイモを植える。    去年は4月6日に植えてた・・・ヤバ。
 桜が咲く頃に羊の毛刈りをする。       去年は4月21日。
 桜が咲く頃からミツバチの分封が始まる。  去年は 5月12日に初分封。

春は大忙し。お楽しみいっぱいです。
いよいよ新緑の季節がやってくると思うとワクワクしてきます。

しかし、やらなきゃいけないこと山積みです。どうしましょう。
[PR]
by ohisamatokaze | 2009-04-10 07:40 | 暮らし

経済活動

 先日、家にある雑誌を読み返していて「わが家庭菜園の経済活動は◯◯万円」
という文章を見つけた。
わが家にも畑はあるが今まで家庭菜園と経済活動とが結びついたことがなかった。
昨年はジャガイモ・サトイモ・レタス・ナス・キュウリ・カボチャなどの収穫はあったが、
品目でわかるとおり春から夏の終わりまでの5ヵ月間の畑。

「今年は畑に本腰入れてみる? うちの経済活動のひとつとして。」

今までなかなか本気になれなかった畑仕事も「これは経済活動だ!」と思うとガゼン
やる気がわいてきました。 経済活動という言葉にのせられて…。

…で、昨日さっそく畑に灰と堆肥をすきこみ耕しました。
灰はかまどやストーブので大丈夫。 堆肥は?鶏糞がいいかな?などと迷って
いましたが、とりあえず近所の牧場に聞いてみると・・・
「軽トラ一杯?自分で積む? 今度あったときに200円なりとくれない。」
とのこと。
迷う余地はありません。完熟の牛糞堆肥が軽トラ一杯200円。
もちろん地元の顔見知り価格ですが安いですよね。
またまたやる気がわいてガッツでやりあげました。

といってもなれない畑仕事。 たかが15坪…されど15坪。 
フーフー言いながらなんとか終了。
あと去年ずいぶん土が流れたので、ヒノキを切ってきて土留めにおいて完成。
f0061013_635765.jpg

いきなり畑らしくなった畑(?)を眺めて満足満足。
何を植えるか楽しみになってきました。

「畑仕事は経済活動である。」を合言葉に、目標は一年中収穫のできる畑です。
[PR]
by ohisamatokaze | 2009-04-09 08:49 | 暮らし