ブログトップ

かぜとおひさまの暮らし

orii.exblog.jp

カテゴリ:ミツバチ( 9 )

久しぶりに

採蜜できました!
f0061013_2048330.jpg


昨年、我が家の空き巣箱に戻って来てくれた
日本みつばちたちからの恵みです。

ちいさな小さな群でしたが、
なんとか元気に冬を越し
春を迎え せっせと蜜を運び、
仲間を増やし
ジメジメの季節も乗り越えて
たっぷりと蜜を蓄えてくれました〜(涙)

萩の花も咲き始めたので
おすそわけしてもらいます。

ゴールドの輝き
さわやかな甘さとやさしい香り
みつばちに感謝です。

いただきます。

やっぱり、スコーン焼きますか!
[PR]
by ohisamatokaze | 2012-09-10 20:56 | ミツバチ

帰って来た〜〜!

2週間ほど前のこと、
なにやら外が騒がしい?と思い、出て見ると
軒下に積み重ねていた古いミツバチの巣箱に…

ブンブンブンブンブンブンブンブンブン

!!ミツバチが帰って来た〜〜!
f0061013_6123886.jpg

逃避群が我が家の古い巣箱にやってきました。
しかし、よりによってあまりきれいじゃない巣箱・・

早速給餌をして落ち着くのを待ち、数日後の夜に掃除をしました。
古い巣の残骸の中に真新しい巣が!


f0061013_6145910.jpg

現在は色とりどりの花粉をせっせと運んでいます。
約1年ぶりの光景。
…しあわせ。

なんとか冬を越せれば来春は分蜂!がんばります!
[PR]
by ohisamatokaze | 2011-09-30 07:56 | ミツバチ

ミツバチの春

去年はミツバチにとって厳しい一年でした。

長雨で蜜源が少なく… 巣箱はジトジト…
スムシにやられ… 西洋ミツバチに襲われ…

けっきょく春を迎えられたのは一群のみ。。
f0061013_21372536.jpg

幸い彼女たちはとても元気そうです。
群も大きく、せっせと蜜集めに頑張っています。

春がそこまでやってきました。。。
[PR]
by ohisamatokaze | 2010-03-17 21:52 | ミツバチ

はちみつとりました。

ひっさしぶりの更新となってしまいました。
気づけばもう秋。。。私の夏休みはどこへ行ってしまったのか。。。

8月になってからめまぐるしく月日は流れていきました。
キャンプが2本・・川探検が4日・・ツリーイング3日・・体験木工・・
プレーバークなどなど。 どれもみんな楽しいのですが、すべてお仕事です。

んでもって本業のおもちゃの納期が8月末にいくつも重なってしまい、後半は
工房で寝泊りするはめに。。。
ダメですね。 余裕がないと…ブログも更新できません。
勢いと気合で生活してはいけませんね。
日々をきちんと生活しようと強く心に誓った夏でした。


そんなこんなで慌ただしい夏でしたが、折居家みんな元気です。
ジェイクもヒツジもニワトリもみんな元気。

そう・・ミツバチをのぞいて・・・
今年はハチにとっては厳しい天候だったようです。
長雨が続き巣箱の中は湿気でジメジメ・・・思うように花の蜜を取りにも
いけず、弱い群はスムシにやられたりで弱っていくばかり。
春に6箱あった巣箱を4箱ダメにしてしまいました。
何とか残りの2箱を越冬させなければいけません。

しかし幸い2箱はいずれもかなりの強群。
今回はそのひとつの採蜜をしました。
f0061013_23515577.jpg
           すみからすみまでびっしり蜜蓋がしてあります。
f0061013_23522661.jpg
                    ハチミツ満タン。
f0061013_23525817.jpg
           1箱から採れた量は今までで一番多かったかも。

これがたまらなく美味いんっすよ~。 いいでしょ~。
[PR]
by ohisamatokaze | 2009-09-10 00:37 | ミツバチ

きたっーきたきたきたっー

f0061013_22262715.jpg

昨日の午後一時過ぎ、分封がはじまりました。
今年はじめての分封です。

巣門にハチが大量にあふれ出し、数千匹のハチがいっせいに
飛び回ります。
ワクワクするような、ドキドキするような羽音です。

しばらく飛び回った後、一旦近くの木にとまり蜂球になります。
この時に分封群を一網打尽にするわけですが、とまる場所によって
捕まえられるか否かがきまってきます。

低いところにとまればラッキーですが、高いところの枝などに止まれば
諦めなければいけない場合も・・・。 大体は低いところにとまるようですが。

今回は7mほどのクヌギの枝にとまりました。
普通なら諦めるところですが、ツリーイングの技術が役立ちました。
高所作業もなんのそので無事分封群をゲット。

今年はあと何群分封するのでしょう…。
明日もかなり怪しい予感がします。
[PR]
by ohisamatokaze | 2009-04-25 22:22 | ミツバチ

そろそろ・・そろそろ・・・

f0061013_818515.jpg
                ずいぶんとにぎやかになってきました。

そろそろ分封がはじまる予感。
まだ巣の中はチェックしていませんが、暖かい日中には巣門のまわりにハチが
あふれてきています。
写真には写っていませんが、雄バチも目立つようになってきました。
そろそろ・・そろそろです。

雨上がりのお天気の日には分封しやすいのだそうです。
ひょっとして今日あたり・・・。
しばらくドキドキの日々が続きます。

*分封については分封だっー!をチェックしてみてください。
[PR]
by ohisamatokaze | 2009-04-21 08:30 | ミツバチ

日本ミツバチ

f0061013_5243930.jpg
わが家では日本ミツバチを飼っています。

「ハチが飼いたい!ハチが飼いたいーっ!」といろんな人にふれまわっていたら、
「一箱あげましょう!」と村内でハチを飼っている方から譲っていただけることになり
クミノの昔からの夢が実現することになりました。

飼いはじめて3年目。 なんとか分封群を捕まえて、現在4箱に増えました。

ひと昔まえまでは前津江でもけっこう飼われてのですが、最近はほとんど飼って
いる人はいないようです。
てなわけで、「ミツバチが巣を掛けたけどとりにこんかい。」というお話がちらほらと
やって来ます。

この春は2ヶ所から声をかけていただきました。
ひとつは床下、ひとつは屋根裏です。


さっそく一昨日、とりやすそうだった床下の巣をとりにいったのですが、そこで
思わぬことに…。

煙で燻し出し、出てきたところを一網打尽といきたかったのですが燻せど燻せど
出てこない。 煙たさにこっちが先にまいってしまいました。
作戦変更で一枚ずつ巣を切り取り、とにかく女王蜂を確保することに。
ハチの自然巣は厚さ3cmぐらい(両面に巣穴がある)の板状の巣が何枚か並ん
でいて、その巣と巣の隙間にハチがびっしりといます。
そのびっしりの中にいる女王蜂を見つけ出そうというわけです。
最初はうまくいったのですが、切り取っている最中に巣がドカッと落ちてしまいま
した。 「女王蜂がつぶれるーっ!」 ・・・。

何とか女王蜂は確保したものの体に蜜がつきかなり弱ってしまいました。
・・・と、このあたりで異変が。

巣が落ちて2人ともあせって作業をしたのでだいぶ刺されてしまい、クミノは顔を
刺され気分が悪くなってしまったのです。
以前から何度もさされていたのでアナフィラキシーは大丈夫と油断していました。
休んでいるところを見に行ってみると、顔色真っ青…汗だくで寒いいといいながら
ときどき意識がとんでいる…。かなりマズイです。
ちょうどそのとき様子を見に来てくれていた(神様が呼んだとしか思えない)
コウゾーさんに病院に連れて行ってもらいました。 
その後の作業は気がきではありません。バタバタ終わらせて追っかけました。
アナフィラキシーなら30分で死。。。

結局、アナフィラキシーではなく点滴とお薬で事なきをえましたが、病院で見たクミノ
は真っ赤。全身に蕁麻疹が出ていました。

何度も刺されていてもそのときの体調や刺され方の度合いによってアレルギー反応
が出るものなんですね。 今回は大事にならなくてホントよかったです。
ハチに限らずアレルギーは怖いものだとあらためて認識しました。

今日は蕁麻疹もおさまり、あとは顔の腫れとかゆみが残っているだけです。
本人は顔の腫れがショックのようですが・・・。アゴが…。


さて、もう一箇所とりに行かねばなりません。 この巣はかなり大きい。(汗)
今度は万全の体制でがんばります。
油断大敵です。
[PR]
by ohisamatokaze | 2009-03-26 08:37 | ミツバチ

はちみつとったぞ~!

f0061013_758402.gif
この間の日曜日に採蜜をしました。
昨年より一ヶ月遅い採蜜となってしまいました。 大丈夫かな…。

今年は4群(4箱)いますが夏に1群採蜜したので残り3群です。
ただ夏に採蜜した時にも感じたのですが、今年は蜜が少ないようです。
日本ミツバチを飼育されている方々のHPでも蜜が少ないとのことでした。
7月に異常に暑かったのが影響しているのでしょうか…。
確かに今年はクワガタも少なかったし、ミツバチの天敵・スズメバチもずいぶん
少なく感じます。

採蜜の仕方は、まず巣箱の天井板をはずします。
すると急に明るくなるので蜂が箱の下のほうに移動します。
このときに上から巣の状態を確認します。
蜂は巣を箱の上から作り始め、巣穴に卵を産んで幼虫を育てます。
で、その幼虫が巣立ったあとの穴にはちみつを貯蔵し、穴がいっぱいに
なったらきちんと蓋をします。なので巣の上部がはちみつで下部が幼虫や卵
となるわけです。(だから上から見てある程度は確認できます。)
次に一番上の段と二段めの間を針金を使って引き切ります。
蜜の多いときはかなりの重さになります。
一段目をはずしたあとに二段めの上に天井をつけほぼ終了。。
はずした一段目から蜜の入った巣を取り出したら、巣箱の一番下に戻して
作業終了。重箱式の巣箱だと蜂への負担も少なくて簡単です。

まず最初に今年最後に分封した群の採蜜開始。
お~何もなかった空っぽの箱にびっしりと巣ができてる。
蜂はすごいなーと感心したものの…やっぱり空っぽの巣穴が多い。

はちみつは蜜源のない冬の蜂たちの貴重な食料です。
もしこの時期に採りすぎると冬を越せず全滅もありえます。
残念ながら、この群は今年の採蜜をあきらめることにしました。

あとの2群はやはり少なめではあったものの無事採蜜できました。
写真は一段目と二段目を切り離したところです。
市販のものとは全然ちがうなんともおいしいはちみつです。
f0061013_884638.gif

[PR]
by ohisamatokaze | 2008-10-24 08:15 | ミツバチ

分蜂だっー!

おとといわが家のニホンミツバチがついに分蜂しました。
昨年は最初の分蜂が4月29日だったのでGWからドキドキしておりました。

分蜂とは蜂の巣わかれのことです。
毎年春になると、産卵が活発になり群が大きくなります。すると女王蜂は新しい
女王の卵を産み、働き蜂をだいたい半数つれて巣を出て行くのです。
分蜂は一春に2~3回繰り返されます。
その分蜂した蜂は巣をでる前に新しい巣となる候補地を探しているのですが
巣をでると近くの枝で全員集合し、どこに行くのか決めるのだそうです。

巣から出てきた蜂はそれはそれはすごい羽音でとびまわるのですが、
一旦一箇所に集まるとドッチボールぐらいの玉(蜂球)になりシ~ンとして
います。

このときが チャ~ンス!
分蜂群を一網打尽に捕まえるのです。

捕まえたあとは夕方まで日陰につるし、日が暮れてから用意していた巣箱に
移します。その巣箱を気に入って巣作りを始めれば 一群Get!です。
f0061013_2222967.jpg

今年は蜂球になった場所が高かったので大変(樹上5m)でしたがなんとか
捕獲に成功しました。
通常分蜂群は刺さないといいますが、またまた5箇所刺されました…。
 そうそう、蜂に刺されたら 玉ねぎ! これ本当です。
玉ねぎの汁をすりこむと・・・あら不思議、痛くなくなります。
ミツバチだけではなく、アシナガバチにも効果ありです。ぜひおためしあ~れ。

ちなみに今飼っている蜂は2群で、今年新たに巣箱を4箱作りました。
蜂さんが巣箱を気に入ってくれるといいのですが…。
今いる群からそれぞれ2群ずつ増やしたいと目ろんでおります。
秋にはおいしい蜂蜜がたっぷり・・・のはずです。
[PR]
by ohisamatokaze | 2008-05-14 22:44 | ミツバチ