ブログトップ

かぜとおひさまの暮らし

orii.exblog.jp

最近の出来事 その1

この2週間の出来事をまとめてアップします。
(更新したかったけどできなかった…。)

3月20日 タグラグビー納会
 2008年度の納会をしました。
あいにくの雨でしたが、体育館で楽しく過ごしました。
ウォーミングアップや試合での親子対決に子供たちも大盛り上がり。
お母さんたちもかなりがんばっておりました。・・・かなり本気で。
また中学生もOBとして多数参加してくれました。
f0061013_2335317.jpg
        この春から高校に入学する彼らを はじめてサントリーカップに連れて行ったのが
        ついこの間のようです。あの頃はかわいかったけどな~。
f0061013_2343532.jpg
                   お昼のごちそう。 好きなものいっぱいです。

昼食後は、小・中・大人いり乱れて大あそび。 ・・・はしゃぎすぎました。
大人も子供もお母さんも中学生もみんな仲間になれるってやっぱりスポーツは
いいですね~。 
この日の納会で、来年度からは週2回練習することに決定。
今年こそは上を目指してがんばりますっ!


3月21日 壱岐でのプレーパーク講座
 納会の後、ここちよい疲労の体にムチ打って福岡の実家に移動。
翌日の壱岐に備えます。
当日は前日とうって変わって暖かい晴天となりました。
f0061013_9163234.jpg
              壱岐の名所のひとつ・サル岩!みごとに猿です。

博多港より高速艇で約1時間で壱岐に到着。
今回は私とクミノ、うっじー(昨年プレーワーカー養成講座を受けた大学生)の3人です。
最初に講座、その後ミニプレーパークというプログラムです。
自然に囲まれた壱岐でなぜプレーパーク?と思われるかもしれませんが
きれいな海に囲まれていても、子供たちはほとんど海で遊んでないそうです。

「海は夏に海水浴にいくところぐらいにしか思ってませんよ。」と参加者の方が
言われていました。 なぜあそばないのか?
前津江の山の子が山でめったにあそばないのと同じです。
あそぶ場所がないからあそべないのではなく、場所があってもあそばないと
いうのが正しいようです。
プレーパークをつくる活動で必要なのは、場所を作ることや何かを準備する
ことではなくて、そこに関わる大人や子供の「あそび心」ですね。

今回は道具もノコギリしかなく、ほとんど何も準備していませんでしたが
あまった竹で弓矢づくりがはじまりました。
弦になる糸がなかったのですが、靴ひもをどこからか見つけてきた子に
「うわぁーいいなーどこにあったと?」と真剣に聞く子ども達。
荷物を縛っていたひもをたくさん見つけてきた子はヒーローでした。

みんな何もない中からよく飛ぶ弓矢が出来上がりました。
自分でいろいろ工夫して作り上げる様はどこか懐かしい感じ…。
「やりたい!あそびたい!」という気持ちがやっぱり大切ですね。
f0061013_2353885.jpg
                海をバックにパン焼。なんか新鮮。

壱岐はとてもきれいな島でした。
次回は海の幸を堪能したいっ!
[PR]
by ohisamatokaze | 2009-04-04 09:22 | プレーパーク
<< 最近の出来事 その2 雪景色 >>